ご挨拶

白井市は、都心と成田空港からそれぞれ30キロメートルの千葉県北西部に位置し、都心に近いながらも豊かな緑に恵まれ、千葉ニュータウンに代表される生活しやすい良好な住宅地が形成されています。
また、日本一を自負する梨を筆頭に農業が基幹産業として営まれており、世界に誇れる優秀な技術を持つ企業が入る工業団地もあります。
このように白井市は、立地条件に恵まれた都市であり、農業、工業、住宅地のバランスが取れた、未来に向けさらなる発展の可能性を秘めたまちだと考えています。
しかしながら、現在の地方自治体を取り巻く社会・経済情勢は、少子・高齢化の進展、それに伴う人口の減少社会の到来など極めて厳しい局面を迎えております。
人口減少社会の到来は、各自治体間で住民を奪い合うという自治体間競争を誘発しており、競争に生き残るためには、地域の特徴を生かし魅力あふれるまちづくりを推進していかなければなりません。
私は、2期目を迎え、市の持つ潜在力を最大限に活かして持続可能な魅力あるまちづくりに努めます。
まず、市内の産業の振興と持続可能な行財政運営を実現するための行政経営改革の2点に急ぎ取り組んでまいります。
1点目の産業の振興では、平成25年に制定した「産業振興条例」に基づき農業、商業、工業の市内循環型経済の構築を目指していきます。また、特産の梨は白井ブランドの強化に力をいれていきます。
2点目の行政経営改革については、未来につながる大胆な行政経営改革を行うため、行政経営改革課を新設し、将来を見据えた持続可能な行政運営を推進するための基本方針として、「行政経営指針」及び公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを計画的に進めるための「公共施設等総合管理計画」を平成28年度までに策定し、さらに、行政全般の総点検を行い、効率的な行政経営を実行してまいります。
また、市の将来像を「ときめき と みどりあふれる快活都市」とした第5次総合計画を昨年策定しました。
この将来像に込めた私の思いは、市の財産である「みどり」を育みながら、暮らしの快適さ、人・地域・まちの活力を生み出し、市民が白井市に愛着や誇りを持ってまちを良くしようと新しいことにチャレンジするなどまちづくりに対して市民の気持ちが高揚し、「ときめき」があふれる白井市でありたいという思いです。
そして、「戦略1.若い世代定住プロジェクト」「戦略2.みどり活用プロジェクト」「戦略3.拠点創造プロジェクト」の3つの重点戦略を掲げ、将来像の実現に向けたまちづくりを進めていきます。
先人が残してくれた、「ふるさと白井」をさらに発展させ、次の世代に確実に引き継いでいくことが私に課せられた使命であると考えております。
白井市に生まれ、白井市で学び、白井市で働く、そして一生を白井で過ごす、白井が真のふるさととなるような魅力あるまちとし、未来に残していきたいと願っています。
今後も更なる市政の発展に向け、市民の皆様が白井市に「住んでよかった」「住み続けたい」と思えるようなまちづくりを進めてまいりますので、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

ニュース

2011年9月4日日曜日

市の放射線対応

8月26日に文部科学省から通知があり、福島県の学校において児童生徒等が受ける放射線量と対策の目安が新たに示されました。
市では、学校や保育園などにおける放射線の対応について、文部科学省が示した新たな目安に準じて対応することとしています。
通知の主な内容は、次のとおりです。
・学校において児童生徒等が受ける線量については、「原則年間1ミリシーベルト以下」とすること。
・これを達成するため、校庭・園庭の空間線量率を児童・生徒等の行動パターン*を考慮し、「毎時1マイクロシーベルト未満を目安」とすること。
・1マイクロシーベルトを超えても、屋外活動を制限する必要はないが、除染等の速やかな対応が望ましいこと。
現在、市内の小中学校や保育園などで放射量を測定し公表していますが、市内において毎時1マイクロシーベルトを超える地点はありません。市の放射能測定結果は、こちらでご覧いただけます。
今後も放射線量の計測を行い、市民の皆様と協力しながら排水溝の清掃や草刈り作業を行ってまいりたいと考えております。
計測の結果、空間線量が1マイクロシーベルトを超えた場合は、除染を行ってまいります。
文部科学省の試算では、校庭の空間線量が毎時1マイクロシーベルトの学校では、学校生活中に受ける線量は、年間0.534ミリシーベルトで年間1ミリシーベルト未満になるとしています。
市内11か所の小中学校で測定した実際の数値により、文部科学省の試算に準じて白井市の場合として試算してみますと、市内の学校において児童生徒等が受ける線量は11か所の平均値で年間0.077ミリシーベルトとなり、文部科学省が新たに示した目安である「年間1ミリシーベルト」を大きく下回る結果となっています。
*児童生徒の行動パターン
 ・学校への通学日数:年間200日
 ・1日の平均滞在時間:6.5時間(屋内4.5時間・屋外2時間)










0 件のコメント:

コメントを投稿