ご挨拶

白井市は、都心と成田空港からそれぞれ30キロメートルの千葉県北西部に位置し、都心に近いながらも豊かな緑に恵まれ、千葉ニュータウンに代表される生活しやすい良好な住宅地が形成されています。
また、日本一を自負する梨を筆頭に農業が基幹産業として営まれており、世界に誇れる優秀な技術を持つ企業が入る工業団地もあります。
このように白井市は、立地条件に恵まれた都市であり、農業、工業、住宅地のバランスが取れた、未来に向けさらなる発展の可能性を秘めたまちだと考えています。
しかしながら、現在の地方自治体を取り巻く社会・経済情勢は、少子・高齢化の進展、それに伴う人口の減少社会の到来など極めて厳しい局面を迎えております。
人口減少社会の到来は、各自治体間で住民を奪い合うという自治体間競争を誘発しており、競争に生き残るためには、地域の特徴を生かし魅力あふれるまちづくりを推進していかなければなりません。
私は、2期目を迎え、市の持つ潜在力を最大限に活かして持続可能な魅力あるまちづくりに努めます。
まず、市内の産業の振興と持続可能な行財政運営を実現するための行政経営改革の2点に急ぎ取り組んでまいります。
1点目の産業の振興では、平成25年に制定した「産業振興条例」に基づき農業、商業、工業の市内循環型経済の構築を目指していきます。また、特産の梨は白井ブランドの強化に力をいれていきます。
2点目の行政経営改革については、未来につながる大胆な行政経営改革を行うため、行政経営改革課を新設し、将来を見据えた持続可能な行政運営を推進するための基本方針として、「行政経営指針」及び公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを計画的に進めるための「公共施設等総合管理計画」を平成28年度までに策定し、さらに、行政全般の総点検を行い、効率的な行政経営を実行してまいります。
また、市の将来像を「ときめき と みどりあふれる快活都市」とした第5次総合計画を昨年策定しました。
この将来像に込めた私の思いは、市の財産である「みどり」を育みながら、暮らしの快適さ、人・地域・まちの活力を生み出し、市民が白井市に愛着や誇りを持ってまちを良くしようと新しいことにチャレンジするなどまちづくりに対して市民の気持ちが高揚し、「ときめき」があふれる白井市でありたいという思いです。
そして、「戦略1.若い世代定住プロジェクト」「戦略2.みどり活用プロジェクト」「戦略3.拠点創造プロジェクト」の3つの重点戦略を掲げ、将来像の実現に向けたまちづくりを進めていきます。
先人が残してくれた、「ふるさと白井」をさらに発展させ、次の世代に確実に引き継いでいくことが私に課せられた使命であると考えております。
白井市に生まれ、白井市で学び、白井市で働く、そして一生を白井で過ごす、白井が真のふるさととなるような魅力あるまちとし、未来に残していきたいと願っています。
今後も更なる市政の発展に向け、市民の皆様が白井市に「住んでよかった」「住み続けたい」と思えるようなまちづくりを進めてまいりますので、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

ニュース

2017年10月12日木曜日

白井スポーツフェスタ2017

9(月)に白井運動公園にて「白井スポーツフェスタ2017」が開催されました。
開催日はとても清々しい晴天となり、スポーツ日和となりました。参加者も2095人と多くの方々が参加してただき盛り上がっていました。
この白井スポーツフェスタは、小さなお子さんからお年寄りまでが集い誰もが一緒に楽しめる行事として、今年で21回目を迎えました。
年齢を問わず楽しく体を動かして、日頃の疲れをリフレッシュできたことだと思います。
これも白井スポーツフェスタ実行委員会石崎委員長をはじめ構成団体の皆さまのご尽力であり心から感謝申し上げます。そしてボランティアの方々が344名も協力していただいております。このようにイベントを支えてくださる方々いることで無事に開催できていることを感謝とともに幸せに感じます。
このようなスポーツ・レクリエーションを通して地域の方々の交流の輪が、更に広がっていくこと期待しています。
参加した皆さま、開催にあたり協力していただいた皆さま、本日はありがとうございました。
白井スポーツフェスタ実行委員会石崎委員長の挨拶の様子です。
盛大に開催できますこと、心からお礼申し上げます。

私の挨拶の様子です。
皆さん、ケガのないよう楽しんでください。

スピードボールの様子です。
その名のとおりスピード感がとてもありました。


バンブーダンスの様子です。
タイミングを合わせるのが難しそうです。

私はグラウンドゴルフに参加しました。
田中県議、山本元教育長、井上教育長とラウンドしました。

2017年10月10日火曜日

自治連合会「地域づくり講演会」

6日(金)に自治連合会主催(白井市と共催)の「地域づくり講演会」がかおりホール(文化会館中ホール)にて開催し、盛会となりありがとうございました。
自治連合会には日頃より、地域コミュニティづくりの推進のほか、生活環境の向上や安全な生活の場の確保など、住み良い地域をつくるために様々な取り組みにご尽力いただいております。
今、日本は少子高齢化社会が進行しており、ますます地域の絆づくりが大切になってくると思います。
今回、講演の講師である千葉市美浜区幸町1丁目コミュティ委員会会長蟹江(かにえ)先生には「高齢化のまちを活力と魅力あるまちへ~担い手と後継者づくりをどう取り組んだか~」というテーマで講演していただきました。団体の活動の継続・発展や地域での魅力あるまちづくりについての実際の事例をご紹介していただいたということで、講演に足を運ばれた市民の皆様や、市役所からも参加した職員もとても役に立ったことだと思います。蟹江先生ありがとうございました。
そして、今回の講演開催にご尽力いただきました自治連合会竹内会長さんをはじめ役員の皆さまありがとうございました。
自治連合会竹内会長の挨拶の様子です。
日頃より地域活動へのご尽力ありがとうございます。

私の挨拶の様子です。
この貴重な機会を有意義なものにしてください。


蟹江先生の講演の様子です。
本日はお忙しい中、講演あがとうございました。
 

2017年10月9日月曜日

ちば起業家交流会in白井

7日(土)に文化センター中ホールで「ちば起業家交流会in白井」を開催いたしました。
この交流会は、千葉県内での起業を促進するために、起業機運の醸成・啓発から優秀な起業家の発掘・育成、実際の起業に向けた人脈形成や販路開拓等の経営サポートを行うために、千葉県、白井市及びちば起業家交流会実行委員会が共催で開催したものです。
内容は、勉強会、プレゼンテーション、投票・交流会、投票結果発表・表彰で、勉強会では白井市で活躍される企業家2名(株式会社OMOしろい 代表取締役社長 宇賀俊之氏、株式会社イシド 代表取締役社長 沼田紀代美氏)による起業体験談や経営ビジョンが語られ、その後5名の起業家によるプレゼンテーションが行われました。
会場には多くの方が来場されました。
開催にご協力いただきました皆様方に感謝申し上げます。
参加された皆さまにとって実り多い交流会になったこと思います。
この交流会は白井市をはじめ県内10ヵ所で開催され、来年1月には集大成となる幕張メッセで大交流会が開催されます。
プレゼンターを務められた川島さん(右)と
幕張でプレゼンを行う三上さん(左)の
お二人と記念撮影させていただきました。

開会にあたり、挨拶いたしました。

宇賀さんによる講演の様子です。
起業の体験について、力強くお話しされました。


白井梨中央選果場組合仮反省会

7日(土)に白井中央選果場で「白井梨中央選果場組合仮反省会」が行われました。
猛暑の7月下旬に幸水の出荷に始まり、約2か月以上にわたり選果場において梨の選果、出荷作業に従事された選果場組合の皆さま、パートの皆さま、シルバー人材の皆さま本当にお疲れ様でした。
皆さまのおかげで今年も大変おいしい梨が全国に提供できました。
梨の手入れはほとんど1年仕事で、これから来年の出荷に向けての作業に入りますが、組合員の皆さまにはよりおいしい「しろいの梨」の生産にご尽力くださるようお願いいたします。
笠井組合長さんのご挨拶の様子です。
約2ヵ月間お疲れさまでした。

私もご挨拶させていただきました。

ご覧のように多くの皆さまが出席されました。
時間の許す限り歓談させていただきました。

2017年10月6日金曜日

第34回白井市高齢者運動会

4日(水)に運動公園陸上競技場で「第34回白井市高齢者運動会」が開催されました。
この日は天気は良かったものの、前日に比べ急に気温が下がり少し寒い中での開催となりましたが、270人と多くの参加者で会場は熱気にあふれていました。
運動会に参加されている皆さんは元気はつらつとしており、私も毎年皆さんから元気をいただいています。
今日の運動会では、グランドゴルフやマグネットダーツなどの競技や体力測定といった様々なプログラムが用意されており、自分の体力に応じて参加できるように工夫されています。
さわやかな秋空の下、思う存分体を動かし、今日一日楽しく過ごし、そしていつまでも元気でいてください。

開会式で挨拶いたしました。
いつまでも元気にご活躍されることをお祈りいたします。

選手宣誓の様子です。
正々堂々、自己ベストを目指し、頑張ってください。


準備運動では恒例となった梨トレ体操です。
ご協力いただいた介護予防推進員の皆様ありがとうございました。