ご挨拶

白井市は、都心と成田空港からそれぞれ30キロメートルの千葉県北西部に位置し、都心に近いながらも豊かな緑に恵まれ、千葉ニュータウンに代表される生活しやすい良好な住宅地が形成されています。
また、日本一を自負する梨を筆頭に農業が基幹産業として営まれており、世界に誇れる優秀な技術を持つ企業が入る工業団地もあります。
このように白井市は、立地条件に恵まれた都市であり、農業、工業、住宅地のバランスが取れた、未来に向けさらなる発展の可能性を秘めたまちだと考えています。
しかしながら、現在の地方自治体を取り巻く社会・経済情勢は、少子・高齢化の進展、それに伴う人口の減少社会の到来など極めて厳しい局面を迎えております。
人口減少社会の到来は、各自治体間で住民を奪い合うという自治体間競争を誘発しており、競争に生き残るためには、地域の特徴を生かし魅力あふれるまちづくりを推進していかなければなりません。
私は、2期目を迎え、市の持つ潜在力を最大限に活かして持続可能な魅力あるまちづくりに努めます。
まず、市内の産業の振興と持続可能な行財政運営を実現するための行政経営改革の2点に急ぎ取り組んでまいります。
1点目の産業の振興では、平成25年に制定した「産業振興条例」に基づき農業、商業、工業の市内循環型経済の構築を目指していきます。また、特産の梨は白井ブランドの強化に力をいれていきます。
2点目の行政経営改革については、未来につながる大胆な行政経営改革を行うため、行政経営改革課を新設し、将来を見据えた持続可能な行政運営を推進するための基本方針として、「行政経営指針」及び公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを計画的に進めるための「公共施設等総合管理計画」を平成28年度までに策定し、さらに、行政全般の総点検を行い、効率的な行政経営を実行してまいります。
また、市の将来像を「ときめき と みどりあふれる快活都市」とした第5次総合計画を昨年策定しました。
この将来像に込めた私の思いは、市の財産である「みどり」を育みながら、暮らしの快適さ、人・地域・まちの活力を生み出し、市民が白井市に愛着や誇りを持ってまちを良くしようと新しいことにチャレンジするなどまちづくりに対して市民の気持ちが高揚し、「ときめき」があふれる白井市でありたいという思いです。
そして、「戦略1.若い世代定住プロジェクト」「戦略2.みどり活用プロジェクト」「戦略3.拠点創造プロジェクト」の3つの重点戦略を掲げ、将来像の実現に向けたまちづくりを進めていきます。
先人が残してくれた、「ふるさと白井」をさらに発展させ、次の世代に確実に引き継いでいくことが私に課せられた使命であると考えております。
白井市に生まれ、白井市で学び、白井市で働く、そして一生を白井で過ごす、白井が真のふるさととなるような魅力あるまちとし、未来に残していきたいと願っています。
今後も更なる市政の発展に向け、市民の皆様が白井市に「住んでよかった」「住み続けたい」と思えるようなまちづくりを進めてまいりますので、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

ニュース

2018年8月9日木曜日

各地区の夏祭り

今年も各地で夏祭りが開催され賑わいをみせていました。
8月3日に白井工業団地内公民センターにて「白井工業団地納涼盆踊り大会」が工業団地協議会・青年部が主体となり、全体踊りなど多くの地域の方達が参加して行われていました。
8月4日には白井駅南側駅前広場にて「第37回白井駅前地区合同夏祭り」が開催され、私も神輿を担がせていただき、七次第一公園・芝生広場の「清水口地区夏祭り納涼会」では梨トレ体操を2回も躍らせていただきました。また、七次台児童公園で開催された七次台自治会主催の「第31回地域親睦納涼大会」では子供神輿を見させていただき、大山口小学校校庭で開催された「大山口小学校区合同夏祭り」では子ども達の手持ち花火が会場を盛り上げておりました。最後の冨士南園広場にて開催された「冨士地区合同夏祭り納涼盆踊り大会」でも元気な神輿が会場を何週も周って会場を盛り上げており、各地それぞれ色のあるお祭りに参加することができました。
そして8月5日は白井コミュニティセンターにて「そろばん博物館夏祭り2018」が開催され、例年どおり多くの来場者でいっぱいで、白井市非公認キャラクターのじねんじゃーも遊びにきていました。
このように、お祭りをとおして地域が活性化し、住民の絆が深まることは市にっとって嬉しいことですし、とても心強く思います。そして参加されている皆さんの楽しそうな笑顔が市を明るくしてくれています。
各地域のお祭り開催にあたりご尽力していただいた全ての方々に感謝申しあげます。本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
8月3日「白井工業団地納涼盆踊り大会」
多くの踊りを見させていただきました。
全体踊りは人の輪がどんどん大きくなり盛り上がっていました。

8月4日「第37回白井駅前地区合同夏祭り」
今年からの大人神輿です。
久しぶりの神輿担ぎ大変でしたが、楽しかったです。

8月4日「清水口地区夏祭り納涼会」
なしトレ体操を2回躍らせていただきました。
この後、いよいよお祭りスタートです。


8月4日「第31回地域親睦納涼大会」
お神輿の様子です。
手前にある子ども神輿もとても可愛くできております。
 

8月4日「大山口小学校区合同夏祭り」
子ども達の手持ち花火の様子です。
多くの子ども達が楽しんでいました。

8月4日「冨士地区合同夏祭り納涼盆踊り大会」
立派な櫓が組まれております。
櫓の周りを何週も神輿がまわっておりました。

8月5日「そろばん博物館夏祭り2018」
毎年出席させていただいております。
この日も、会場いっぱいに参加者が集まっておりました。

2018年7月30日月曜日

築地市場での「しろいの梨」のPR

24日(火)に東京築地市場で、「しろいの梨」のPRを行いました。
この築地市場青果部門販売所でのPR活動は、「しろいの梨」のブランド強化を図るとともに、首都圏市場流通の拠点として知名度の高い築地市場からの評価を高め、出荷受け入れの推進を図るため、白井梨業組合、西印旛農業協同組合の関係者とともに行っているものです。
「しろいの梨」は市場関係者や仲卸の方々に高い評価を受けています。
今年は梅雨明けも早く、例年に比べて梨の出荷も10日程早くなっております。
先日の試食会でも糖度が13度ととても甘くみずみずしいと評判でしたが、この日市場関係者や仲卸の方々にも試食いただき、大変好評でした。
これから、幸水に始まり、豊水、新高など品種を変えながら約2か月、本格的な梨のシーズンを迎えます。
今年は8月1日から1か月歌舞伎座での販売も予定しております。
白井市在住でない人たちにも知っていただけたらと思います。
皆さんの周りにも美味しい「しろいの梨」が出まわると思いますので、お中元やお盆の帰省のお土産に、是非、地元「しろいの梨」をご利用いただき、全国に白井の梨と白井市をPRしていただきたいと思います。
市場の一角をお借りしてPRさせていただきました。

甘くみずみずしいと市場関係者の方々にも大変好評でした。

のぼりを立てて「しろい」を大きくPRいたしました。
この他にもパンフレットなどを配布いたしました。

秋本梨業組合長のご挨拶の様子です。

PR終了後、市場関係者と意見交換させていただきました。

桜苑弐番街夏祭り

21日(土)に桜台で桜苑弐番街夏祭り・納涼会が開催されました。
この日は、天気に恵まれ、暑い中での祭りとなりました。
準備に当たった役員、団体の皆さんお疲れ様でした。
焼き鳥や模擬店が出店し、お子さんを中心に盛り上がっていました。
このようなお祭りや地区の行事などで地域のコミニティーがさらに深まって、子どもの見守りや地域の絆が深くなることに繋がっていくものと思います。
これから市内各所で夏祭りが行われ、市内が大変活気づくシーズンとなります。
皆さんもぜひ地元の夏祭りに参加して地域を盛り上げてください。
開会式で挨拶させていただきました。
皆さんの力で、この地域を盛り上げてください。

2018年7月25日水曜日

しろいの梨試食会

23日(月)に白井梨センター(秋本組合長梨園)にて「しろいの梨試食会」が行われました。
今年の梨は例年より10日程早い出荷となりますが、糖度は13度以上で甘く、大きさも例年以上で実りの多い豊作となっております。
この試食会はしろいの梨の安全宣言や美味しさのPRのために行っております。また、本日の試食会には白井第一小学校学童の子ども達もたくさん来てくれて、梨をいっぱい食べていました。
今年の梨のPRは、この試食会から始まり、築地市場、白井駅での梨試食販売、歌舞伎座での販売、柏レイソルホームタウンデイなど「しろいの梨」に係る行事が目白押しになっております。「味は日本一のしろいの梨」を多くの人達に食べて頂きたいと思っています。
そして、梨業組合をはじめ西印旛農業協同組合、そしてしろいの梨に関わる全ての皆様と協力しながら、より一層のブランド化を進めていきたいと思いますので、ご協力よろしくお願いします。
「しろいの梨なら、まちがいナシ!」皆さんも是非食べてみてください。
秋本組合長の挨拶の様子です。
今年もよろしくお願いします。

私の挨拶の様子です。
子ども達もいっぱい食べていってください。

子ども達の試食の様子です。
美味しいとの声が多く聞こえました。

「しろいの梨なら まちがいいナシ!」
皆さんも是非とも食べてみてください。
 

第49回全国ママさんバレーボール大会出場「県さつき」激励

22日(日)に南山小学校体育館にて、第49回全国ママさんバレーボール大会出場に出場する「県さつき」へ激励を行いました。
この「県さつき」は千葉県大会において32チームの中、見事に優勝し全国大会への切符を掴み取りました。
普段は家庭を支え、仕事を持つなど、限られた時間の中で練習に励んでいたことと思います。
この全国大会は、一度出場すると二度目出ることはできません。選手たちも、「はじめは出場できるだけで嬉しかった、でも出場するからは優勝したいという気持ちになった」と心境の変化を伝えてくれました。
全国大会の優勝は、簡単なものではありませんが、日頃の練習の成果が発揮できるように願っております。全国制覇期待しております。
8月の試合まで怪我だけには気をつけて、頑張ってください。
激励の言葉させていただきました。

県さつき代表で田村さんよりお礼の言葉
をいただきました。

全国制覇目指して頑張ってください。
応援しています。