ご挨拶

白井市は、都心と成田空港からそれぞれ30キロメートルの千葉県北西部に位置し、都心に近いながらも豊かな緑に恵まれ、千葉ニュータウンに代表される生活しやすい良好な住宅地が形成されています。
また、日本一を自負する梨を筆頭に農業が基幹産業として営まれており、世界に誇れる優秀な技術を持つ企業が入る工業団地もあります。
このように白井市は、立地条件に恵まれた都市であり、農業、工業、住宅地のバランスが取れた、未来に向けさらなる発展の可能性を秘めたまちだと考えています。
しかしながら、現在の地方自治体を取り巻く社会・経済情勢は、少子・高齢化の進展、それに伴う人口の減少社会の到来など極めて厳しい局面を迎えております。
人口減少社会の到来は、各自治体間で住民を奪い合うという自治体間競争を誘発しており、競争に生き残るためには、地域の特徴を生かし魅力あふれるまちづくりを推進していかなければなりません。
私は、2期目を迎え、市の持つ潜在力を最大限に活かして持続可能な魅力あるまちづくりに努めます。
まず、市内の産業の振興と持続可能な行財政運営を実現するための行政経営改革の2点に急ぎ取り組んでまいります。
1点目の産業の振興では、平成25年に制定した「産業振興条例」に基づき農業、商業、工業の市内循環型経済の構築を目指していきます。また、特産の梨は白井ブランドの強化に力をいれていきます。
2点目の行政経営改革については、未来につながる大胆な行政経営改革を行うため、行政経営改革課を新設し、将来を見据えた持続可能な行政運営を推進するための基本方針として、「行政経営指針」及び公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを計画的に進めるための「公共施設等総合管理計画」を平成28年度までに策定し、さらに、行政全般の総点検を行い、効率的な行政経営を実行してまいります。
また、市の将来像を「ときめき と みどりあふれる快活都市」とした第5次総合計画を昨年策定しました。
この将来像に込めた私の思いは、市の財産である「みどり」を育みながら、暮らしの快適さ、人・地域・まちの活力を生み出し、市民が白井市に愛着や誇りを持ってまちを良くしようと新しいことにチャレンジするなどまちづくりに対して市民の気持ちが高揚し、「ときめき」があふれる白井市でありたいという思いです。
そして、「戦略1.若い世代定住プロジェクト」「戦略2.みどり活用プロジェクト」「戦略3.拠点創造プロジェクト」の3つの重点戦略を掲げ、将来像の実現に向けたまちづくりを進めていきます。
先人が残してくれた、「ふるさと白井」をさらに発展させ、次の世代に確実に引き継いでいくことが私に課せられた使命であると考えております。
白井市に生まれ、白井市で学び、白井市で働く、そして一生を白井で過ごす、白井が真のふるさととなるような魅力あるまちとし、未来に残していきたいと願っています。
今後も更なる市政の発展に向け、市民の皆様が白井市に「住んでよかった」「住み続けたい」と思えるようなまちづくりを進めてまいりますので、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

ニュース

2018年10月18日木曜日

防災リアル訓練2018in桜台

13日(土)に桜台小学校体育館にて「防災リアル訓練2018in桜台」が開催されました。
今年で2回目の開催となり、桜台小学校区の防災意識向上、安心安全コミュニティ力の向上、将来の救護活動の担い手を育成するため、自治会、PTA、行政が協力して2日間にわたり訓練を実施するものです。
昨今では地震や豪雨などによる被害が相次いでおり、いつ何時この白井市も被害にあうかわかりません。
災害発生時は自助・共助・公助が連携し、地域の防災力を向上させることが重要となります。
こうした中での防災リアル訓練の開催には深く敬意を表し、地域の防災力向上のみならず、地域コミュニティの醸成と子どもの健全育成にとっても大変意義深いものととらえています。
近藤実行委員長をはじめ、開催に向けて尽力していただいたすべての皆様に感謝申し上げます。
近藤実行委員長の挨拶の様子です。
地域のための訓練開催ありがとうございます。
私の挨拶の様子です。
充実した二日間の訓練になることを願います。

防災資機材展示①
防災資機材展示②
防災資機材③

平成30年度 小学校運動会

13日(土)に今年度最後の運動会が白井第一小学校と白井第三小学校で開催され、私は白井第一小学校に出席させていただきました。
本日は雨での順延も心配されておりましたが、無事に開催することができました。
第一小学校は「力を合わせて勝利をつかめ!輝く空のように」をスローガンとし、仲間と力を合わせ、正々堂々と全力で競技に望み、勝利目指して頑張ったことと思います。
そして、今年は平成最後の運動会となり、先輩方が築いた歴史を胸に、一人ひとりが輝き記憶に残る運動会になったとも思っております。
準備にあたり、協力していただいた保護者の皆様や先生方、そしてか関係した全ての方に感謝申し上げます。これからも子ども達の成長を見守っていってください。
榛沢校長先生の挨拶の様子です。
開催に向けてのご尽力ありがとうございます。

私の挨拶の様子です。
平成最後の運動会、記憶に残してください。

立派な選手宣誓でした。

第一小の生徒の皆さん、最後まで頑張ってください。

スローガンのように一人ひとりが輝いてください。

2018年10月9日火曜日

NHKラジオ「ふるさと自慢うた自慢」の公開収録

5日(金)に白井市文化会館なし坊ホールでNHKラジオによる「ふるさと自慢うた自慢」の公開収録が行われました。
この公開収録は、NHK千葉放送局の開局75周年と白井市役所庁舎グランドオープンを記念してNHKとの共催で開催しました。
この日は、歌手の水森かおりさんと山内惠介さんをゲストにお迎えし、しろいふるさと大使のホリさんと平木理化さんもふるさとスターやふるさと審査員として参加されました。
また、ふるさと自慢のコーナーでは、地元を代表して、しろい梨PR委員会の橋本哲弥さん、しろい市民まちづくりサポートセンターの石垣裕子さん、白井競馬学校の佐藤秀一さん、そろばん博物館の城戸陽子さん、うた自慢では山﨑英夫さんと笠原幸代さんがそれぞれ出演し、ゲスト歌手をリーダーに、男性・女性のグループに分かれ、ふるさと自慢のPRや自慢ののどを響かせました。
この収録を観覧するために定員約800席に対し、全国から2500通を超える申し込みあったとのことで、市外からも多くの方が来場し、白井市を大きくPRできたことと思います。
なお、この収録は11月28日(水)午後8時5分~9時55分までNHKラジオ第一及び国際放送で放送されますので、皆さま楽しみにしてください。
収録開始前に挨拶いたしました。
このたびの公開収録の開催にあたりご尽力いただきました
NHK千葉放送局様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

ふるさと自慢うた自慢に出場された皆様と記念撮影です。
左からアシスタントで協力いただいた三好さん、石垣さん、
山﨑さん、私、笠原さん、城戸さんです。
皆様お忙しい中、ありがとうございました。

ゲストで出演いただいた歌手の水森かおりさんと記念撮影
させていただきました。
お忙しい中、白井市にお越しいただきありがとうございました。

こちらもゲストで出演いただいた歌手の山内惠介さんと記念撮影
させていただきました。
お忙しい中、ありがとうございました。

小学校で運動会

6日(土)に市内の6つの小学校で運動会が有り、私は南山小学校に出席しました。
前日まで雨も降り天候も心配されましたが、素晴らしい天気の中での開催となりました。
558人の児童がグランドにいっぱいに広がり、整然とした開会式に続き元気いっぱいの応援合戦など未来を背負う子どもたちの逞しさに感動しました。
児童同様、保護者、地域の方々もたくさん応援に来ていました。
保護者の皆さんお子様の成長した姿に感動したこととお喜び申し上げます。
これからも地域で見守ってください。
開会式で昨年の優勝チームから優勝旗などが返還されました。

今年のスローガンです。

開会式で挨拶させていただきました。
思い出に残る運動会となるよう、正々堂々と全力を出し切ってください。

紅白両応援団長・副団長による見事な選手宣誓の様子です。

白井梨中央選果場組合仮反省会

6日(土)に白井中央選果場で「白井梨中央選果場組合仮反省会」が行われました。
今年は梅雨明けも早く、出荷も例年より10日早く始まりました。以後約2か月以上にわたり選果場において梨の選果、出荷作業に従事された選果場組合の皆さま、パートの皆さま、シルバー人材の皆さま本当にお疲れ様でした。
皆さまのおかげで今年も大変おいしい梨が全国に提供できました。
梨の手入れはほとんど1年仕事で、これから来年の出荷に向けての作業に入りますが、組合員の皆さまにはよりおいしい「しろいの梨」の生産にご尽力くださるようお願いいたします。
笠井組合長さんのご挨拶の様子です。
約2か月にわたりお疲れさまでした。

私も挨拶させていただきました。

ご覧のように多くの皆さまが出席されました。
時間の許す限り歓談させていただきました。