ご挨拶

白井市は、都心と成田空港からそれぞれ30キロメートルの千葉県北西部に位置し、都心に近いながらも豊かな緑に恵まれ、千葉ニュータウンに代表される生活しやすい良好な住宅地が形成されています。
また、日本一を自負する梨を筆頭に農業が基幹産業として営まれており、世界に誇れる優秀な技術を持つ企業が入る工業団地もあります。
このように白井市は、立地条件に恵まれた都市であり、農業、工業、住宅地のバランスが取れた、未来に向けさらなる発展の可能性を秘めたまちだと考えています。
しかしながら、現在の地方自治体を取り巻く社会・経済情勢は、少子・高齢化の進展、それに伴う人口の減少社会の到来など極めて厳しい局面を迎えております。
人口減少社会の到来は、各自治体間で住民を奪い合うという自治体間競争を誘発しており、競争に生き残るためには、地域の特徴を生かし魅力あふれるまちづくりを推進していかなければなりません。
私は、2期目を迎え、市の持つ潜在力を最大限に活かして持続可能な魅力あるまちづくりに努めます。
まず、市内の産業の振興と持続可能な行財政運営を実現するための行政経営改革の2点に急ぎ取り組んでまいります。
1点目の産業の振興では、平成25年に制定した「産業振興条例」に基づき農業、商業、工業の市内循環型経済の構築を目指していきます。また、特産の梨は白井ブランドの強化に力をいれていきます。
2点目の行政経営改革については、未来につながる大胆な行政経営改革を行うため、行政経営改革課を新設し、将来を見据えた持続可能な行政運営を推進するための基本方針として、「行政経営指針」及び公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを計画的に進めるための「公共施設等総合管理計画」を平成28年度までに策定し、さらに、行政全般の総点検を行い、効率的な行政経営を実行してまいります。
また、市の将来像を「ときめき と みどりあふれる快活都市」とした第5次総合計画を昨年策定しました。
この将来像に込めた私の思いは、市の財産である「みどり」を育みながら、暮らしの快適さ、人・地域・まちの活力を生み出し、市民が白井市に愛着や誇りを持ってまちを良くしようと新しいことにチャレンジするなどまちづくりに対して市民の気持ちが高揚し、「ときめき」があふれる白井市でありたいという思いです。
そして、「戦略1.若い世代定住プロジェクト」「戦略2.みどり活用プロジェクト」「戦略3.拠点創造プロジェクト」の3つの重点戦略を掲げ、将来像の実現に向けたまちづくりを進めていきます。
先人が残してくれた、「ふるさと白井」をさらに発展させ、次の世代に確実に引き継いでいくことが私に課せられた使命であると考えております。
白井市に生まれ、白井市で学び、白井市で働く、そして一生を白井で過ごす、白井が真のふるさととなるような魅力あるまちとし、未来に残していきたいと願っています。
今後も更なる市政の発展に向け、市民の皆様が白井市に「住んでよかった」「住み続けたい」と思えるようなまちづくりを進めてまいりますので、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

ニュース

2018年6月18日月曜日

平成30年度 公益社団法人白井市シルバー人材センター定時総会

16日(土)に文化会館中ホールで、「平成30年度 公益社団法人白井市シルバー人材センター定時総会」が行われました。
シルバー人材センターは、高齢者の方がこれまでに培ってきた知識や経験、ノウハウを生かし社会貢献などをしていただく受け皿の一つとして、平成11年に設立され、平成29年度の決算によると会員数450人、契約額1億8,009万3千円となっています。
60歳以上の人口に対する会員比率は2.3%と県内でも高い水準にあり、大変心強く思っておりますが、会員の高齢化など課題もあるとのことです。
会員の皆様には、シルバー人材センターの理念である「自主・自立・協働・共助」のもと、就労の機会を通じてご自身の生きがいを新たに発見し、社会に貢献いただくとともに、活力ある地域社会づくりにもご活躍くださるようお願い申し上げます。
安藤理事長のご挨拶の様子です。
日頃より市民のためにご尽力いただきありがとうございます。

私もお祝いの言葉をの述べさせていただきました。
シルバー人材センターのますますの発展をお祈りいたします。

いけ花・フラワーアレジメント展

16日(土)から17日(日)にかけて、白井駅前センターで「いけ花・フラワーアレジメント展」が開催されていました。
私は毎年拝見させていただいていますが、今年も小学生からいけ花各教室の生徒や先生の作品が展示され、趣向を凝らした作品の数々に感心したり、心が和んだりと贅沢なひと時を過ごすことができました。
白井市茶華道協会の川西会長をはじめ関係者の皆さんありがとうございました。
作品を拝見しているところです。
どれも素晴らしい出来栄えで感心しました。

今年も川西先生と作品の前で記念撮影をさせていただきました。

2018年6月12日火曜日

白井市小中学校PTA親睦バレーボール大会

9日(土)に桜台中学校体育館で「第39回 白井市小中学校PTA親睦バレーボール大会」が開催されました。
市内の小中学校のPTA11チームが出場し、優勝を争いました。
今年で39回目を迎える大変歴史のある大会であり、これまで大会の開催にご尽力されてきました歴代の役員の方々に深く敬意を表します。
今年の競技結果は、優勝は桜台小・中学校合同チームで、見事3連覇を果たしました。
準優勝、3位も同じく南山中学校、大山口小学校でした。
どのチームの選手も、普段忙しい中練習を積んできて試合に望んでおり、素晴らしい試合の連続であったと思います。
選手の皆さん、応援の皆さん、大会役員の皆さん素晴らしい試合ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
P連の山口会長のご挨拶の様子です。
いつも市民のためにありがとうございます。

開会式で挨拶をさせていただきました。
忙しい中練習を積み重ね、準備してきた大会です。
日ごろの力を出し切り、どのチームも頑張ってください!

白熱した試合の様子です。
見事なスパイクが決まりました。

市民大学入学式及び市長講話

2日(土)に文化会館中ホールで「平成30年度市民大学校入学式」及び「市長講話」を行いました。
白井市民大学校は平成17年度に開校し、今年で14年目を迎えました。
学部は今年度から「いきいきシニア学部」、「ささえあい発見学部」の2学部制となりました。
(今年度はシニア学部の2年生(在校生)を含めて3学部あります。)
今年度の新入生は「いきいきシニア学部」25名、「ささえあい発見学部」19名の計44名です。
昨年度までに延べ900人の方が卒業され、卒業後は大学で学んだことや仲間作りを契機に、同期、同学部の方々がサークル活動やボタンティア活動を行っています。
市民大学校では、健康的な生活の実現、シニア世代の仲間作り、地域の魅力発見など、白井市で豊かな生活を送っていただくための講座を提供させていただいております。
本日入学された皆様には、市民大学校で多くの「出会い」や「発見」をきっかけに、活力が生まれそれが地域に広がり、白井市がますます発展していくことを望みます。
また、今年は入学式に引き続き、最初の授業として市長講話を行いました。
内容は毎年各学部で行っていた講話と同様で、講義時間は約90分で、パワーポイントを用いて、白井の紹介、歴史、まちづくりの視点(人口・土地利用・財政)、課題とまちづくりについてお話しさせていただきました。
講義の後の質問コーナーでも意見交換ができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
新入生の皆さま、入学おめでとうございます。
1年後には全員無事に卒業されることを祈念いたします。
入学式の様子です。
2学部44名の方が入学されました。
新入生をお一人おひとりご紹介させていただきました。

市長講話の様子です。
白井の魅力伝えるため、パワーポイントを使って
分かりやすい説明となるよう心がけました。

大山口小学校区「ふれあい・支えあい食事会」

2日(土)に大山口小学校体育館で大山口小学校区社会福祉協議会主催による「ふれあい・支え合い食事会」が開かれました。
当日は、小学校の体育館満員の300人以上の方が参加し、市の保健師による梨トレ体操のほか、大山口小学校の児童による演奏などを楽しみながら食事を摂りました。
高齢になるとどうしても外に出るのが億劫になりがちですが、このような機会に誘い合わせて話をしたり食事を楽しんだりし、より地域の絆が深まると良いと思います。
また、市民の安心安全な暮らしを守るため、5月から市役所内に待望の白井警察センターができました。
白井でもまだまだ「電話de詐欺」がなくなりません。家族を思う人の心につけ込む卑劣な犯罪は許せません。
皆様、電話でお金の話が出た時には必ず疑って、一度電話を切ってご家族に確認してください
。そして、すぐに警察に相談してください。
地域のコミニティーが強くなれば犯罪の抑制にもつながり、高齢者の身守りにも効果が有りますので、このような機会には積極的に参加し、地域の絆を深めていただきたいと思います。
このような機会を企画し行ってきた成田会長をはじめ地区社協の皆さん、ボランティアの皆さん、
大山口中ボランティア部の皆さまに感謝申し上げます。
開会にあたり、成田会長さんからご挨拶がありました。
これからも、地域発展のためよろしくお願いいたします。

私もご挨拶させていただきました。
 主催者の皆さまお疲れさまでした。
これからも末長く続けていただき、地域の皆さまが
何時までも元気にご活躍されることを祈念いたします。

恒例の梨トレ体操にも参加させていただきました。