ご挨拶

白井市は、都心と成田空港からそれぞれ30キロメートルの千葉県北西部に位置し、都心に近いながらも豊かな緑に恵まれ、千葉ニュータウンに代表される生活しやすい良好な住宅地が形成されています。
また、日本一を自負する梨を筆頭に農業が基幹産業として営まれており、世界に誇れる優秀な技術を持つ企業が入る工業団地もあります。
このように白井市は、立地条件に恵まれた都市であり、農業、工業、住宅地のバランスが取れた、未来に向けさらなる発展の可能性を秘めたまちだと考えています。
しかしながら、現在の地方自治体を取り巻く社会・経済情勢は、少子・高齢化の進展、それに伴う人口の減少社会の到来など極めて厳しい局面を迎えております。
人口減少社会の到来は、各自治体間で住民を奪い合うという自治体間競争を誘発しており、競争に生き残るためには、地域の特徴を生かし魅力あふれるまちづくりを推進していかなければなりません。
私は、2期目を迎え、市の持つ潜在力を最大限に活かして持続可能な魅力あるまちづくりに努めます。
まず、市内の産業の振興と持続可能な行財政運営を実現するための行政経営改革の2点に急ぎ取り組んでまいります。
1点目の産業の振興では、平成25年に制定した「産業振興条例」に基づき農業、商業、工業の市内循環型経済の構築を目指していきます。また、特産の梨は白井ブランドの強化に力をいれていきます。
2点目の行政経営改革については、未来につながる大胆な行政経営改革を行うため、行政経営改革課を新設し、将来を見据えた持続可能な行政運営を推進するための基本方針として、「行政経営指針」及び公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを計画的に進めるための「公共施設等総合管理計画」を平成28年度までに策定し、さらに、行政全般の総点検を行い、効率的な行政経営を実行してまいります。
また、市の将来像を「ときめき と みどりあふれる快活都市」とした第5次総合計画を昨年策定しました。
この将来像に込めた私の思いは、市の財産である「みどり」を育みながら、暮らしの快適さ、人・地域・まちの活力を生み出し、市民が白井市に愛着や誇りを持ってまちを良くしようと新しいことにチャレンジするなどまちづくりに対して市民の気持ちが高揚し、「ときめき」があふれる白井市でありたいという思いです。
そして、「戦略1.若い世代定住プロジェクト」「戦略2.みどり活用プロジェクト」「戦略3.拠点創造プロジェクト」の3つの重点戦略を掲げ、将来像の実現に向けたまちづくりを進めていきます。
先人が残してくれた、「ふるさと白井」をさらに発展させ、次の世代に確実に引き継いでいくことが私に課せられた使命であると考えております。
白井市に生まれ、白井市で学び、白井市で働く、そして一生を白井で過ごす、白井が真のふるさととなるような魅力あるまちとし、未来に残していきたいと願っています。
今後も更なる市政の発展に向け、市民の皆様が白井市に「住んでよかった」「住み続けたい」と思えるようなまちづくりを進めてまいりますので、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

ニュース

2019年2月14日木曜日

競馬学校卒業式

12日(火)に白井市にある日本中央競馬会競馬学校にて騎手課程第35期生の卒業式が行われました。
第35期生の卒業生は7名であり、とても凛々しい表情で入場してきました。
入学してからの3年間は、馬のように颯爽と走り抜けたことだと思います。その3年間は楽しかった経験より、辛く厳しい経験の両方が混ざっていることでしょう。
卒業生7名はこれからプロ騎手の仲間入りをし、更に厳しい試練が多く立ちはだかると思います。
そのような時には、この3年間で学んだことや経験を思い出してください。
そして、一緒に生活した仲間や、恩師のことを思い出して頑張ってください。仲間や恩師も皆様の活躍を期待しております。
私も、皆様の活躍を楽しみにしております。
本日は卒業、誠におめでとうございました。
後藤理事長式辞の様子です。
日頃からの素晴らしい騎手の育成ありがとうございます。

私の記念品授与の様子です。
これから、立派な騎手になることを楽しみにしています。

中村校長の挨拶の様子です。
生徒達を見守っていただきありがとうございます。

卒業生7名の挨拶の様子です。
これからの目標、夢を声大きく聞かせてくれました。
これからも応援しています。

集合写真の様子です。

白井配水場 竣工式

1日(金)に白井市根10番6外に「白井配水場」が完成し竣工式を迎えました。
安全な水を安定して皆さまに届けるため、はじめて白井市に配水場をつくりました。
白井市の水道事業は、認可を取得した昭和59年3月から現在に至るまで、印旛郡市広域市町村圏事務組合の送水管へ暫定的に直結された、市の配水管により、水の供給を行ってまいりました。直結配水の場合、配水圧を調整することができないため、給水人口の増加により、水圧が低下することが想定され、水の安定供給が困難となる状況にありました。
こうした現状を改善するため、平成26年度に配水場基本設計を策定し、平成28年9月より建設工事に着手し、1日に竣工に至りました。
設計者である日本水工設計株式会社様、施工者である株式会社安部日鋼工業様、そしてすべての関係者の皆様へ感謝申しあげます。
本配水場の稼働につきましては、3月7日(木)に白井地区の一部より配水を開始し、その後、西白井地区、冨士地区へと段階的に配水エリアを拡張し、4月中旬には全エリアが、配水場からの配水に切り替わる予定となっております。
配水場は、本市水道事業の基幹施設として、水道水の安定供給を実現させることのほか、震災時等における飲料水の直接給水、搬送給水の拠点としての利用もできるため、市民が安心して暮らせるまちづくりの重要な役割を担うものであり、本日、配水場の竣工の日を迎えられたことを大変うれしく思っております。

私の挨拶の様子です。
本日までに携わっていただいた方々に感謝申し上げます。

テープカットに様子です。写真左から
・蕨和雄(印旛郡市広域市町村圏事務組合管理者)
・私
・秋本白井市議会議長
・金子千葉県総合企画部水政課長
皆様、お忙しい中、ありがとうございました。

この白井配水場から安全な水を安定して届けます。

2019年2月5日火曜日

カザフスタン大使講演会

26日(土)に白井市文化会館かおりホールで、白井国際交流協会の協力によりカザフスタン共和国特命全権大使 イエルラン・バウダルベック・コジャタエフ閣下の講演会を開催しました。
外国の駐日大使等をお招きしての講演会は、今回で29回目と大変歴史のある行事です。
この後援会は本来は30年7月に開催する予定でしたが、台風の上陸と重なったことから延期することとし、この日になったもので、お忙しい中、講演に来ていただいたコジャタエフ閣下には改めて御礼申し上げます。
母国カザフスタンはカスピ海に面するアジアとヨーロッパの境目に位置する国で、面積2,724,900㎢と世界で6番目に広い国土を持ち、石油、天然ガス、レアアースなど地下資源に恵まれており、これらの開発には日本企業も参加しています。
また、首都アスタナは日本の建築家故黒川紀章氏の都市計画案に基づき開発が進められており、日本との縁が深くなっています。
講演では、流暢な日本語でカザフスタンの歴史や文化についてお話しいただき、時間を忘れて聞き入りました。
質問にも丁寧に答えられ大使のお人柄がにじみ出る大変素晴らしい講演会となりました。
コジャタエフ閣下におかれましては公務で大変お忙しい中ありがとうございました。
また、講演の交渉を行っていただいた白井国際交流協会の栗谷川さんをはじめ、協会の皆さまに御礼申し上げます。
今回の講演会をきっかけに白井市とカザフスタンの交流が深まることを期待します。


コジャタエフ大使の講演の様子です。
パアワーポイントを用い、流暢な日本語で、大変わかりやすい講演でした。

講演終了後、感謝の気持ちを込めて記念品を贈らせていただきました。
大変お忙しい中、白井市でご講演いただきありがとうございました。

最後に記念撮影いたしました。
左から、国際交流協会林会長、コジャタエフ大使、私です。

平成30年度 文化財防火デー防災訓練

26日(土)に白井市内で指定文化財を持つ白井市富塚の鳥見神社で「平成30年度 文化財防火デー防災訓練」を実施しました。
この訓練は、文化財防火デーという全国的な行事に合わせて、毎年会場を変えながら指定文化財の防災訓練を実施しています。
今年の会場となった鳥見神社の本殿は文化9年(1812年)に竣工したもので、江戸時代に建てられた市内の神社建築の中で最も古いもので、市内を代表する神社建築の一つです。
本殿は「流造」と呼ばれる屋根が前に伸びて庇を兼ねたもので、2本の庇柱が屋根を支えます。
正面に向かって右の庇柱に昇龍が、左の庇柱に降龍が柱に巻き付くように彫刻をされています。
この彫刻は柱にあとから取り付けたのではなく、柱と同じ1本の木から彫り出された、県内でも類例の少ないもので、富塚鳥見神社本殿の庇柱は、その中でも最古のものとして知られています。
文化財は、いったん火災などで失うと復元が難しいので、先人達から引き継がれた文化遺産を守り、後世に伝えていきたいものです。
そのためには、所有者の日頃の管理が大切であることはもちろんですが、消防署や消防団、地元の方々との協力体制が重要となりますので、この訓練は大変有意義なものです。
ご協力をいただいた鳥見神社及び富塚地区の皆様、消防団富塚分団他多くの皆様の参加に感謝申し上げます。
鳥見神社本殿に施された数々の彫刻の説明を受けているところです。
どれも大変素晴らしいもので、先人から受け継がれた文化を実感しました。

水出し訓練の様子です。

水消火器を使った訓練も行われました。

訓練の最後に挨拶いたしました。
訓練にご協力いただきました鳥見神社様をはじめ、
富塚地区、消防団、消防署など関係者の皆様ありがとうございました。

2019年1月28日月曜日

白井市自治連合会講演会

19日(土)に白井市文化会館かおりホールにて「白井市自治連合会講演会」が開催されました。
この日は140名近い参加者にお集まりいただき、また、日頃からの地域での取り組みへのご尽力と合わせて感謝申し上げます。
本日は、茨城県龍ケ崎市八原まちづくり協議会の皆様から「まちづくり協議会設立の経緯」や「設立後の活動」のほか「今後の課題と展望」や、龍ヶ崎市役所の職員より「龍ヶ崎市に状況」、「行政の役割と支援」、「市の地域担当職員制度について」を講演していただきました。
近年の少子高齢化や自然災害などの教訓により、地域コミュニティの大切さを再認識し、地域の絆つくりが大切となってきています。
白井市ではこれからの地域づくりとして、小学校区単位のまちづくりを推進しておりますが、先進である龍ヶ崎市はコミュニティセンター単位を基本としてまちづくりを推進しております。
活動の実例や市の役割と市の役割と支援について講演していただけることは、これからの地域活動の推進に大変役つことと思います。
お忙しい中、講演にきていただいた八原まちづくり協議会の皆様、龍ヶ崎市役所の皆様ありがとうございました。

八原まちづくり協議会の皆様、龍ヶ崎市役所の皆様
お忙しい中、講演ありがとうございました。
白井市自治連合会黒添会長の挨拶の様子です。
日頃からの自治連合会でのご尽力に感謝申し上げます。

私の挨拶の様子です。
お集りの皆様にとって有意義な時間となることを願っております。